ブロッコリーとブロリコ・・・の話!

高血圧のリスクから守る新成分であるブロリコ・・・があります。

1. ブロリコとは?

ブロリコとは、
東京大学とイマジン・グローバル・ケア社が共同で特許を取得したブロッコリーの新成分です。

高血圧は、
脳卒中、
心臓病、
腎臓病などの大きな病気の原因になります。

血圧自体は薬で簡単に下げられます。

だが
高血圧の原因である

加齢、
塩分、
肥満、
運動不足・・・などは薬で取り除くことはできません。

また、これらの原因によって様々な病気が発症します。

つまり、
高血圧は重大な病気にかかるリスクを示すサインです。

高血圧の方にとって、

“免疫力”は病気を予防して
改善するためにとても重要なのです。

ブロリコは、
人の免疫力を大きく高めることが実証され、
免疫学の世界的権威や医療業界から注目されています。

 免疫力を高めるブロリコです。

2. そのブロッコリーのブロリコはどうやって発見したのか?

それは
カイコを使って免疫力を測定する方法を生み出し、
それによってブロリコを発見しました。

カイコは、
人と同じ病気にかかり同じ薬で治るという特徴があります。

さらに、
免疫細胞が活性化すると筋肉を収縮させるため、
収縮度合いで投与物質の免疫効果の大きさがわかるという特性があるのです。

そこで
さまざまな栄養成分をためし、
5年の歳月をかけて『ブロリコ』とその高い免疫効果を発見しました。

ヒトと同じ作用 様々な栄養分で実験です。

3. アガリクスやフコイダンをはるかに上回る免疫効果

ブロリコは免疫細胞を活性化させますが、
その中でも白血球の20%を占めるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)と
好中球を特に活性化させます。

そして、その活性効果は他の食品成分よりもはるかに
高いことが実証されています。

4. 免疫力が低下する原因とサイン

免疫力が低下する一番の要因は加齢です。

一般的に免疫力のピークは20歳前後です。

そして、
40歳ではピーク時の50%に下がってきます。

残念だが
70歳ではピーク時の10%となってしまいます。

また、
病気や病気の治療に使う薬の副作用も、
免疫力の著しい低下を引き起こすことがあります。

女性の妊娠中、
食生活や
睡眠が乱れている時も、免疫力が低下します。

以下のような免疫力の低下の兆候が見られる方は、
免疫力を高める食事や生活を心がけることが大切です。

・いつもだるい

・疲れが抜けない

・肌が荒れる

・口内炎ができやすい

・身体が冷える

・おなかを壊しやすい

・体調を崩しやすい

 どうすれば摂取できるのか?

ブロリコはブロッコリーにわずかにしか含まれない
希少成分のため、食事で摂取することはできません。

なので
特殊な製法によって抽出して凝縮することが、
摂取するための唯一の方法です。

大いに

ブロッコリーと
ブロリコ・・・は食卓にのせるように意識した方がいいですね。