ツナ缶は・・・知能指数UPと認知症に効果抜群です!

ツナ缶の効果です。

認知症予防&知能指数アップはツナ缶で・・・!

 ” ツナ缶 ”・・・は知能指数UPと認知症に効果抜群です・・・!

「ツナ缶」がスゴすぎる効果とは?

 
よく言われています

  ”魚を食べると頭がよくなる ”・・・と。

これは、まぎれもない事実だという。

矢澤一良教授は

DHA研究のスペシャリストで予防医学的機能性食品の

研究をしています。

魚は、
特に青魚には、脳の発達や健康に対して素晴らしい効果をもたらす
DHA、EPAが豊富ですからです。

なかでもマグロの油には

DHA、EPAがもっとも多く含まれています。

DHAには、
脳や目などの神経系、記憶の機能を高める作用があります。

アルツハイマー型の
認知症の予防効果があるのです。

DHAを一定量、約2年摂った人と、
摂っていない人では、記憶機能に明らかな差が出るという研究結果もあります。

脳の活性化とともに、
DHAが効果を発揮するのが、
がん予防なのです。

DHAは、
がん促進物質を抑える働きを持つことも確認されました。

動物実験では
特に大腸がんの抑制効果が高いという実験結果が出ています。

また、
日本人女性のがんによる死亡率がもっとも高いのが
大腸がんなのです

それが最近は多く増えているという。

マグロを毎日食べて、予防したいところだが・・・

EPAは、さらにもうひとつ、素晴らしい効果があります。

この、

 ” EPA ”は、化学的には合成できない天然の栄養素です。

血小板凝集抑制効果や血液をサラサラにする作用があり、

血管の若返りや肥満、高血圧、冷え性などの生活習慣病の改善にも役立ちますので

見逃すわけにはいきません。

 
この他にも素晴らしい効用があります。

それはは、下記のとおり・・・です。
 
・うつ病対策
・アトピー性皮膚炎改善
・糖尿病の合併症予防
・不整脈抑制
・肝機能改善
・慢性関節リウマチ症状緩和
・脳梗塞予防

 
DHAは、
毎日880ミリグラム以上の摂取が望ましいという。

もっとも多く含まれているのは生マグロの中トロです。

これからは毎日、3切れか、4切れ、中トロの

お刺身かおすしを食べるとよいという。

しかし、
これは、お金持ちだけに向けた解決策です

そこで、登場するのがマグロで作った

  ”ツナ缶 ”なのです。

 
ツナ缶、すなわち、マグロの缶詰は、

「油漬け」と「水煮」の2種に分けられています。

DHAと
EPAを効果的に摂取するには、水煮缶を汁ごと使うのが賢明です。

最近はマグロから出る油を調味液として使ったりします。

オメガ3系の リノレン酸が入っている
しそ油や
亜麻仁油、
オリーブ油を使った油漬けの缶詰も出ています。

水煮のツナ缶の場合は、
調味の液ごと使いましょう・・・・すると効果も抜群になります。

ツナ缶の
ビタミンB群や
ミネラル、
アミノ酸、
タンパク質は生のマグロと変わらないので、
栄養価そのものが高いのです。

1日の食事で肉や魚を食べつつ、
ツナ缶も併せて摂るのがベストです。

だから、意識しながら、 

 ”ツナ缶 ”を食べて

病気から遠のきまさよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする