”ぶどう”のスゴイ健康効果がわかりました!

  “ぶどう”
スゴイ健康効果がわかりました !

 
1747年、人類はぶどうから糖を取り出すことに成功しました。

それが「ブドウ糖」の発見です。

ぶどうは、古くからその栄養価や効用が着目された
元祖スーパーフルーツなのです。

世紀の大発見であったブドウ糖に続き、
耳目を集めたのがぶどうポリフェノールです。

そして、今はさらに研究が進んでいます。

90年代にポリフェノールの健康効果が着目され、
含有量が豊富な代表的食物としてぶどうが脚光を浴びました。

ポリフェノールとは、

野菜や果物に含まれる機能性成分

  ”ファイトケミカル ” の一種です。

自然界には約4,000種類以上のポリフェノールがあるといわれています。
 

植物や微生物、発酵食品などを通して
アンチエイジングや生活習慣病の予防改善に働きます。

植物は強い紫外線や外敵など、
さまざまなダメージにさらされています。

ポリフェノールは、
これからの環境から身を守るために作り出した物質です。

生体防御の成分ですから、
抗菌作用や強い抗酸化作用があるのです。

老化の原因とも言われる活性酸素を取り除いてくれるので、
ポリフェノールが多く含まれる食物を食べると、

・抗老化・・・、
・がん予防・・・
・抗動脈硬化・・・、
・高血圧・・・などの予防が期待できます。

 
その中でも注目するのが、
ポリフェノールの一種で、

   ” レスベラトロール ”です。
 

それは、赤ぶどうの皮に多く含まれる

   ” レスベラトロール ” に大きな期待を寄せられています。

寿命延伸効果もあり、
ストレスに対する耐性効果、
運動性向上効果が認められたという。

 
ストレスに強くなり、
長生きできるなんてスゴイです。

人類の憧れだった不老長寿効果が期待できるとあり、

レスベラトロールはすでに健康食品として流通してます。

その多くはぶどうから抽出しているのです。

このほかにも、
ぶどうには渋味成分であるカテキンが豊富です。

そのなかのアントシアニンは
眼精疲労の回復に効果が期待できるというのは
多く知られています。

また、この

”  プ ロアントシアニジン ”  には、

高脂血症や動脈硬化の予防効果があると言われています。

さらに、神経系に機能性があり、
健忘症や
アルツハイマー病・・・の改善も見込めるペンタペプチドも含まれています。

ビタミン系・・・・
リノール酸も豊富・・・
ブドウ糖も豊富・・・・ などなどが多いです。

疲労回復や脳の活性化を促す、
頭脳労働には欠かせない成分なのです。

ぶどうのポリフェノールに関する
興味深い発表がありました。

それは・・・
ぶどうのポリフェノールが、
脂肪の吸収を抑え、
皮下脂肪を減らすかもしれないというのです。 

2016年5月に
アメリカのノースカロライナ大学がマウス実験を行いました。

 
1件目の研究では、
1つのグループのマウスにバターの脂肪を多く含む高脂肪食(エネルギー比率33%)、
別のグループには同じ食餌にぶどうを添加した餌を11週間与えた。

その結果、ぶどうを添加しなかった餌を食べたマウスに比べて、
体脂肪率と皮下脂肪が低下したという。

さらに、
腸内細菌叢の変化、
善玉菌の増加、
多様性の増加、
腸バリア機能の改善と関連が見られたという。

 
2件目の研究では、
ラード、
ヘット、
ショートニング、
バターを用い、1件目よりさらに高い脂肪食(エネルギー比率44%)をマウスに与えた。

そして、
同じ脂肪食にぶどうから抽出したポリフェノール、
非ポリフェノール、または5%のぶどう汁をそれぞれに添加しました。

その結果、
ぶどうポリフェノールを添加したマウスでは
体脂肪、
皮下脂肪、
腹部脂肪が低下しただけではありません。

肝臓の脂肪の炎症マーカー、
耐糖能
腸バリア機能も改善したというのです。

そして
5%ぶどう汁添加マウスは代謝はよくならなかったが、
腸内細菌は改善されたというのです。

ブドウは
「甘いのにヤセるなんて最高~」と喜んではいけません。

確かに凄い事は理解できます。

しかし、何事にも限度がありまさう。

なので、食べすぎは禁物です。

100グラムあたり59キロカロリー、
果糖もたっぷりあります。

なので、
取りすぎは太るモトです。

適正量を皮ごと食べて

きれいに、元気に、若返ろうではありませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする