”糖化” は アンチエイジングの敵?

「糖化」はアンチエイジングの敵なのです!

ハッキリ言って
糖化は、アンチエイジングの敵です

 ” 糖化 ”がお肌に与える悪影響とは?

「糖化」を起こしたタンパク質は、
パンやケーキを焼いた時のように茶色に変色し硬くなる特徴があります。

そして
健康的で若々しいお肌に必須のコラーゲンは

 ”糖化 ”によって壊され、

・弾力
・ハリ
・ツヤ・・・などを失った状態になります。

加えて「糖化」によって産まれた老廃物が皮膚細胞内に蓄積すると

・シミ
・黒ずみ
・くすみ・・・の原因にもなります。

こうした影響によって肌老化を起こします。

だから

  ”糖化 ”はアンチエイジングの敵と言えます。

「糖化」が起こる原因は

糖の過剰摂取と
血糖値の上昇からです。

糖を食事から過剰に摂取することによる
血糖値上昇は「糖化」を引き起こす大きな原因です。

糖化を予防する5つの方法があります。

1.食べる順番を変える

血糖値は食べ物によって上昇値が変わります。

最初に食べると血糖値を急上昇させることになるため、

炭水化物
甘いもの
揚げ物・炒め物
などから食べ始めることを避けます。

・野菜
・海藻
・キノコ類・・・・の料理から先に食べるように心がけましょう。

また、空腹でいる時間が長く続くことでも
血糖値が上がるため、少しの量でも1日3食食べるのが理想です。

 2.血糖値上昇スピードの緩やかな食品を選びます。

血糖値の上昇スピードが緩やかな食品を
選ぶことも糖化予防に有効です。

低GIの野菜とは?

キャベツ、
トマト、
玉ねぎ、
きゅうり、
ほうれん草、
なす、
レタス、
ブロッコリー・・・・・などを挙げられます。

低GIの炭水化物とは?

玄米、
パスタ・・・などの食品を積極的に活用していきましょう。

3.有酸素運動を取り入れるとは?

  ”余分な糖 ”を解消させるには有酸素運動を取り入れると
          糖化の予防に役立ちます。

食事の後1時間ほどは、高血糖状態になっているため、

有酸素運動などで体を動かすと筋肉が糖を消費してくれます。

ウォーキング
ストレッチ・・・など、精神的にも肉体的にもプレッシャーに
           なりにくい有酸素運動を生活に取り入れます。

4、十分な睡眠時間を確保する

大人であっても睡眠中に

 ”成長ホルモン”が分泌されています。

お肌や細胞の修復を行ってくれる

「成長ホルモン」が十分な睡眠によって出ていれば、
お肌のターンオーバーも安定し美肌を保ちやすくなります。

睡眠時間が日常的に6時間未満という人は

 ”最終糖化産物 ”がお肌に溜まりやすいため、
          健康のためにもアンチエイジングのためにも
          十分な睡眠時間は必要です。

5.こまめに紫外線対策をすることです。

活性酸素や光老化の原因となる
紫外線は肌へのダメージを与えます。

日焼け止めをこまめに塗ったり、
帽子や室内のUVカーテンなどで紫外線対策を行います。

養面では

・コラーゲン
・ヒアルロン酸・・・といった成分生成を補助します。

また
・ビタミンA
・C・E・エラスチン・・・などを摂取するようにします。

まとめ・・・として。

”老けて見られる肌”を作り出す原因となる

「糖化」はなんとしても避けたい体内現象です。

食事による影響が大きいものの、
全体としては日常の生活習慣も影響しています。

また、
焦げた食べ物のように一度「糖化」してしまうと、
生成された『AGEs(最終糖化産物)』を全く
元の状態に戻すことは難しいと考えられています。

”シミ・シワ・くすみ・黒ずみ・たるみ”・・・・と

いったお肌への悪影響を引き起こす

  ”糖化 ”は

普段からの対策がなにより大切です。

食事
運動
睡眠
紫外線対策・・・などに気をつけて

       ”糖化”による肌老化を予防して
            
     アンチエイジングなお肌を目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする