歯周病の治療が全身の病気予防になる?

歯周病の治療が全身の病気予防になる・・・!

【キーワード】は、乳酸菌, 歯周病, 歯科, 糖尿病・・・です。

 

歯科医院といえば、むし歯の治療をしてもらったり、
入れ歯をつくってもらうところだと、大概の人は思っているでしょう。

ところが近年は違います。

歯周病とさまざまな内科的な病気との関連が
注目され研究が進んでおります。

そして、
歯科医院が生活習慣病などの予防医療に
大きな役目を担えるのではないかと期待されています。

そのなかでも

「糖尿病」との関連は強く、
「歯周病治療により高血糖が改善する」という報告が数多くあげられています。

歯周病は慢性の感染症で、
その細菌が血液中に入り込めば、
特に心臓や脳、子宮などでの炎症を引き起こすおそれがあるので
要注意です。

唾液に混じって気道に流れ込めば
肺炎を引き起す可能性もありますから怖い病気です。

そうした全身のさまざまな病気を予防するという意味で、
歯周病の治療や予防が果たす役割は大きいです。

歯科医と内科医の連携を模索中ですが・・・・。

このことを歯科医師の共通の認識とすべく、
セミナーやイベント、執筆などを通じて問いかけている歯科医がいます。

その人は、
日本アンチエイジング歯科学会会長の松尾通氏だ。

常に、歯科医と内科医の連携を模索しています。

特に糖尿病専門医であるのに

講演会などでは、歯科界で積極的に開催し、

「口腔ケアから、糖尿病の予防と治療」を・・・・と、推進しています。

歯周病は磨くだけでは治らないのです。

歯周病は歯の周りの歯茎や骨がダメになって
最終的には歯が抜けてしまう病気です。

歯周病は
「歯肉炎」と
「歯周炎」に分けられ、この2つを合わせて歯周病と呼んでいます。

歯肉炎は歯茎や骨まで進まないもの
歯周炎は歯茎や骨まで進むものといえます。

言い換えれば、歯肉炎では歯は抜けないが、
歯周炎は歯が抜けてしまうものです。

歯肉炎も歯周炎も、歯に付着した汚れである「プラーク」(歯垢)に
含まれる細菌が出す毒素による炎症が原因で起こるとされています。

では、なぜ歯肉炎は歯茎や骨などの歯周組織を破壊せず、
歯周炎になると破壊するのでしょうか。

また、
歯肉炎と歯周炎との境目はどうなっているのでしょうか。

歯肉炎と歯周炎には明確な違いがあり、
そこには何かが潜んでいるはずです。

でも、現状では歯肉炎と歯周炎との違いを
「歯周組織が破壊され、再生しないものを歯周炎と呼ぶ」と
いう以外に表せないのです。

そして、
糖尿病専門医でありながら、自身の医院に来る患者さんに
歯ブラシを勧めている。

加えて推奨しているのが
「ラクトバチルス・ロイテリ菌」という乳酸菌だ。

一般的に乳酸菌といえば、
腸内フローラを改善する目的で摂るものと考えます。

しかし、
そればかりではなく口内の環境改善にも働き、
その殺菌作用で炎症を抑制して

むし歯や
歯周病、
口臭などの予防と改善に一役買うというのである。

歯周病は、本当に怖い病気なのです。

歯周病と糖尿病は何の関係もないように思いますが
歯周病は、骨を溶かし、認知症・・・にも関連してきます。

だから、
毎日の歯磨きや口腔の手入れには念には念を入れて
意識して常に清潔がモットーにしなければなりません。

患う前に、

まずは  ” 口の中の ”お手入れです。

食べたら口の中を洗う・・・ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする