糖尿病は怖い病気だ・・・本当を知ろう!

糖尿病は怖い病気だ・・・本当を知ろう!

現在は糖尿病という病気は身近な病気だ。

糖尿病の予防と改善に役立つ食べ物

糖尿病改善

健康な方が「糖尿病」という言葉を耳にしても、

「自分とは関係ない」病気のように思ってしまう。

厚生労働省が行った

「平成25年国民健康の栄養調査」によると、

成人のうち糖尿病が強く疑われる人は約850万人ほどいます。

またその予備軍が、約680万人と推定されています。

なお、糖尿病が強く疑われる人の割合を
・性別
・年齢階級別でみると、男性においては40歳以上で、
 女性においては50歳以上の人、つまり中年層以上から
 その割合が高まっているようです。

国際糖尿病連合によると、2014年の世界の糖尿病患者さんの数は
3億8,666万人となっております。

特に日本を含む西太平洋地域は最も多くなっています。

そして、
2035年には世界の糖尿病患者さんの数は
6億万人に届くほど増加すると予測されています。

世界の糖尿病人口図
このように、糖尿病は日本人にとっても、
実はとても身近で、ひとごとではない病気なのです。

糖尿病は自覚症状がほとんどありません。

なので、自分では気づきにくい病気なのです。

そのため、
生活の質(QOL)がいちじるしく悪くなって、
疲れやすい、急にやせたなどで病院にかかってみたら
実は糖尿病だった・・・と。

そして、
治療が遅れたために、すでに病気の合併症が
かなり進んでしまっていた・・・と。

た、
心筋梗塞で入院したら糖尿病だったことがわかった・・・と。

このように、
糖尿病によるさまざまな合併症が起こってから、
はじめて糖尿病と診断されることも多いのです。

この糖尿病は、

・食生活

・生活習慣・・・が最も多い原因です。

自覚症状がほとんどないので

進行が早く、わかった時は大変な事になってしまいます。

常に自分の健康を把握しての生活が大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする